読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

手巻きタバコとか趣味の物とかを書いています。

赤い彗星と出会った日のこと

んと、今日の話だ。
少し時間ができたので買い物に行ってきたんだ。
で、ショッピングモールに車で行って、駐車場に車をとめた。
何気なく、ほんとに何気なく隣に停まっていた車を見ると、真っ赤なハイエースだったんだよね。

ほう、ハイエースで真っ赤ってのは珍しいな、と。

で、ボクはいつも財布とか携帯電話は後部座席にまとめて置いているので、それをとるために移動したんだ。
すると、隣のハイエースジオン軍のステッカーがデカデカと貼ってあるのが見えた。

うん。
まぁボクらの世代からすれば予想がつくね。
赤、ジオン軍と言えば、赤い彗星の彼だ。

 

 

 

なんだか気にはなるが、隣の人が帰ってくるまで待つほど暇ではない。
ということで、いくつか必要なものを購入して、いざ帰ろうとしたんだ。
で、駐車場に行くと、例のハイエースは既に出て行ったみたいだ。

まぁ気になるけど、しゃあないか、という気持ちでボクも帰途についた。

暫く車を走らせていると、いた。

例のハイエースである。

どんな人が乗っているのか。
それが気になっていたのだ。
けっこう気合の入った感じだったからね。

ということで、たまたま同じ車線だったので隣につけてみる。
信号待ちの時に確認してみると、ボクの予想を超えていたんだ。

 

f:id:zwrite:20160523230128j:plain

 

いや、苦労してロイヤリティーフリーの写真を探したんだ。
ほんと、こんな感じの人が乗ってた。

手作りであろうマスクとかしてさ。
ここまで力を入れるかってほどだった。

いや、なんかいいものを見たなと思った次第である。

 

広告を非表示にする