読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

手巻きタバコとか趣味の物とかを書いています。

手巻きタバコの忘備録 CLIPPER

手巻きタバコ 手巻きタバコの忘備録

さて。
今回は手巻きタバコのお話なんだけど、ライターのことだね。

手巻きタバコの火をつけるのにもいろんなものがある。
こだわりたい人ならZIPPOを使うだろうし、マッチしか使わないなんて人もいるんだよね。
だけど、最も手軽なのは100円ライターだろう。

タバコを買った時にオマケでもらったのを使っているなんて人も多いよね。
ボクもその手のタイプだったんだけど、最近はCLIPPERを使っている。

というのも、100円ライターってけっこうゴミになるんだよ。
捨てるときも面倒臭いので、ある程度ためてからになる。
すると、置き場所にも困るんだよね。
あと、ためてた100円ライターどこに置いたっけなんてこともある。

そんなこんなで、そろそろこの煩わしさから開放されたいと思っていたんだ。
で、色々と候補をあげて考えてみたんだよね。

ZIPPOもいくつか持っているんだけど、実はメンテナンスが面倒臭い。
特に面倒なのが、オイルの残量管理だ。
外に出ていったときに、オイルが切れるなんてのは日常茶飯事すぎて、ZIPPOあるあるですらないくらい。
あと、フリントとかね。
その点を考えると、とてもじゃないけれどZIPPOをふだん使いにしようとは思わないんだ。

で、色々と知らべてみて見つけたのが、クリッパーだ。

 

f:id:zwrite:20161116224611j:plain

 

100均とかで売っているのを見かけたことがある人もいるだろう。
この派手なデザインと安価な値段から、使い捨てと勘違いしてもおかしくない。
が、実はこのクリッパーは使い捨てではないのだ。
ガスの注入もできれば、フリントの交換もできる。
その上、手巻きタバコを吸う人なら、良く使うであろうタンパーの代わりにもなる優れものなのだ。

ちなみに100均で売っているライター用ガスも使えるし、フリントも売っているから安価な値段でメンテナンスもできる。
1回でおよそ3000回も使えるってところも魅力だよね。

タバコ販売店でも売っているし、なかなか優れものだと思う。

公式ページを見ると分かるけれど、けっこうな老舗が作っていて、登山家にも愛好者が多いそうだ。
ライター選びで迷っている人は、このクリッパーも選択肢の1つに入れてみてはいかがだろうか。

と、ここまで書いてからある記事を見つけた。
どうやらクリッパーの代理店契約をしていた会社が2015年末で契約を打ち切ったそうである。
ひょっとすると、この先はクリッパーが手に入りにくくなるかもしれないね。

ドンキホーテとかでも売っているそうだけど、代理店とおしてなければ、そのまま購入できるかもしれない。

 

www.clipperlighter.jp

 

 

 

 

 

広告を非表示にする