読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

手巻きタバコとか趣味の物とかを書いています。

スマホ乗換忘備録 スマホにも種類が沢山あるから知っておこう

さて。
何回か書いているスマホ乗換についての忘備録だけど、今回はスマホ選びについて考えてみようか。
なにはともあれスマホがなければ話にならないわけで、ここ大事だよね。

では、ざっとまとめていこうか。

目次

 

f:id:zwrite:20161013035941j:plain

 

 

スマホはどこで買えばいい?

そもそもの話、スマホはどこで買えばいいんだろうか。
キャリアで更新をするのなら、そのまま販売されているものを買えばいい。
だけど、ボクのようにMVNOを利用しようと考えているのなら、スマホは自前で用意する必要が出てくる。
まぁ最近だと、各業者で販売しているスマホもあるんだけど、いくつかスマホの購入方法はあるんだ。

 

スマホの購入先を知っておこう

 

白ロムってなんぞ?

はい。
安くスマホを購入したいなら選択肢の1つになるのが白ロムだね。
この白ロムってなんだって人も多いんじゃないだろうか。
昔から利用している人からすれば、当たり前のことかもしれないけれど、知っておくのにこしたことはない。
この白ロムだけど、ガラケーの頃からあるんだよね。

ざっくりと言ってしまうと、白ロムってのは中古の携帯電話やスマホのことだ。
中には新古品といって使わないまま業者に売ったという、ほぼ新品同然のものもあったりするね。
この白ロムなんだけど、中古だけあって最新のスマホなんかが安く買えるのが大きなメリットだと言える。
少し前のスマホなんかだと、フラグシップモデルみたいなハイエンド機種でもかなり安く買えるケースがある。
特にスペックは高くても、その機種に人気がなかったなんて場合は、思っているよりも安い価格で購入できるはずだ。

だけど、白ロムってのはメリットばかりじゃない。
中古品になるので、スマホで重要となる電池のもちなどが怪しいケースがある。
無論、完動品を販売しているにしても中古品だと保証を受けられないこともあるので、その点は注意しておこう。
最後に大きなデメリットとしては赤ロムにあたってしまうケースだね。
赤ロムってのはアレだ。
キャリアで購入したスマホなんだけど、月賦で購入していて最後まで支払をしないまま転売したって機種のことになる。
この場合、機種そのものがキャリアから紐付けされているから、新しく契約をしたとしても通信制限なんかを受けてしまうんだ。
この赤ロムっていうのはスマホを動かした時に赤いランプがついてしまうことから呼ばれているらしいよ。
つまり、赤ロムにあたってしまうと、せっかくのスマホも無駄になるって話だ。
白ロムを扱っている業者の中には、赤ロム保証といって赤ロムだった機種があたった場合は交換してくれるサービスをしていることもある。
だけど、無用なリスクを背負いたくないなら、白ロムを購入しない方がいいね。

格安スマホはどこで買う?

もう1つの選択肢として格安スマホってのがある。
基本的にキャリアで販売されているスマホってのはスペックが高いものが揃っているんだよね。
内部ストレージ、RAMにしても容量が大きくて、CPUの性能も高い。
その分、価格が高くなっていて、最新の機種だと10万円近い値段だったりもするよね。

だけど、実際にスマホを使っている人がその機種の持つスペックの真価を発揮するような使い方をしているかというとそうじゃないだろう。
ほとんどの人はメールや通話、ちょっとしたゲームやSNSくらいしか使っていないんじゃないかな。
そこで格安スマホってワケである。
格安スマホはスペックは確かに低いんだけど、その分価格が安くなっている。
ただし、さっき書いたような使い方をするくらいなら、ストレスなく利用できるってのが特徴だね。

そんな格安スマホなんだけど、どこで購入できるのか。
一般的には家電量販店やインターネットのショップなどからだね。
他にはMVNOの業者で販売している格安スマホなんかもある。
色々と選択肢が増えているので、どこで購入すると得をするのか調べておくといいね。
面倒だって人はMVNO業者が販売している格安スマホを購入するといい。
キャンペーンなんかでお得に買えることが多いからね。


SIMフリースマホってなんのこと?

さて。
格安スマホのことに触れたので、SIMフリースマホも書いておこう。
SIMってのは通信事業者を識別するためのカードのことで、キャリアで契約をした時に、ちいさいカードを本体に入れているのを見たことがあるはずだ。
このSIMを携帯電話屋スマホに挿すことによって、通信することができるんだ。
もともと日本では、docomoausoftbankの3つのキャリアがほぼ独占をしていたわけで、各社が販売する携帯電話やスマホはそのキャリアでしか使うことができなかったんだよね。
なので白ロムを購入しても、SIMフリーになっていない機種だと、そのキャリアでしか使えないってことになっていた。
けれど、そうした状況はおかしいってことでお上からお達しがあって、現在では手続きをすればSIMフリーへとすることもできる。

で、だ。
SIMフリースマホってのはもともとこのSIMに縛られていない状態のスマホのことを指しているんだよね。
上で書いた格安スマホなんかはほぼSIMフリーだと思っていい。
他にも格安スマホを製造しているメーカーでは、スペックの高いハイエンド機種も販売しているから、それらもSIMフリーに該当する。
このSIMフリースマホの場合は、キャリアに関係なく契約することができるのが特徴だね。
ただし、日本の場合は通信事業者によって使っている電波の周波数が異なるから、機種ごとに対応している業者と契約をしなくちゃいけない。
MVNOにしても、大きくはdocomoauの回線を使っているワケで、このどちらかに対応している必要があるってことだ。

 

f:id:zwrite:20161013040153j:plain

 

結局、どのスマホを選べばいいの?

正直に言って、ボクはスマホにそこまでのスペックを求めていない。
もともと今持っているガラケーだってほとんど使っていないからね。
どうせスマホにしたって、そこまで沢山使うことはないだろう。
なので最初から格安スマホの中から選ぶ気でいた。
スマホの選び方については、また後日別途まとめようと思う。

上で書いたことをざっくりまとめると

  • キャリアで販売しているスマホは価格が高いけれどスペックの高いハイエンド機種である。
  • 白ロムは中古なので各キャリアが販売するハイエンド機種なんかが安く買えるけれど、それなりのリスクもある。
  • 格安で買えるスマホはスペックは低いけれど、それなりには使える。
  • SIMフリースマホの中にはハイスペックなものもある。

 

ってことになるね。
白ロムも格安スマホSIMフリーのハイエンド機種を販売しているけれど、新品で購入するのとそこまで価格差がなかったりするので、ここでは除外している。
どこで購入すればいいのかって話だけど、キャリアから脱出したいなら格安スマホで十分だと思う。
これは個人的な意見だけど、日本人ってのはどうにもハイスペックな機種を欲しがる傾向にあるよね。
必要のない機能やスペックがついていても使わないだけなのに、高いお金を出してもかいたがる。
国民性って言ってしまえばそうなのかもしれないけれど、ボクは個人的に自分の使い方を考えると、上で書いたようにそこまでスペックが必要じゃない。
だから、キャリアで売っているようなスマホをわざわざ購入する必要性を感じないんだよね。
だけど、やっぱり高い機種の方がいい、みんなが使っているスマホがいいって人もいるだろうから、その辺は個人個人の好みで考えてもらいたい。

ただ格安スマホだとかなり出費を抑えることができる。
白ロムで販売されている機種と同等の性能で価格的に見ても遜色がないってくらいには、格安スマホも良いものが販売されているんだよね。
MVNOもかなり安価な価格になってきているから、それとあわせて通信費はかなり節約することができる。
だから、強いて言えば白ロムってのは余程キャリアで販売している機種で欲しいものがなければ使い道がないのではなかろうか。
別に白ロムを否定するワケではないけれど、そうした状況もあると覚えておいて欲しい。

 

f:id:zwrite:20161013040807j:plain

 

広告を非表示にする