読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

手巻きタバコとか趣味の物とかを書いています。

手巻きタバコの忘備録 チェ・ブルー

さて。
お久しぶりに手巻きタバコのシャグレビューといきたい。

今回の獲物はチェ・ブルーである。
チェのシリーズは好きなんだけど、その中でも新しいシリーズだね。
原産国はルクセンブルク
どこかで書いたけれど、一度購入しようとタバコ屋にいったのだけど、売り切れていたという品である。
2016年の6月に販売されたばかりだからか、注目度が高いのであろう。

付属の巻紙はいつも通りのオリジナルの薄紙だ。
スローバーニングのもので、質が高い。
正直、この巻紙だけでもチェを買ってよかったと思う人もいるだろう。

では、シャグのレビューへと移っていこう。
今回も写真はない。
すまぬ。

 

f:id:zwrite:20160522050145j:plain

 

 

 

チェ・ブルーなんだけど、いままでのシリーズになかったファイヤキュアードになる。
ヨーロッパで人気となっているスタイルだそうだね。
シャグの見た目としては、強い褐色系のハーフスワレっぽい感じ。
いつも通り、湿り気もあってすぐに吸えるね。

ファイヤキュアードってのは密閉した場所で生木を燃やすことで、その煙で燻していく製法のことらしい。
なんか炭焼きとかに似ているね。

チェ・ブルーの喫味なんだけど、このシリーズらしく軽い。
けれど、苦味、甘み、しっかりとしたコクが感じられて、かなり高品質なタバコを吸っている気になれる。
ハーフスワレ系特有のがつんとくる喫味こそないけれど、個人的にはけっこう有りなタバコだと思う。

ハーフスワレ系のタバコが苦手な人でも、このチェ・ブルーなら吸えるって人も多いのではないだろうか。
チェシリーズの中では吸いごたえもあるので、ボク個人としてはリピートしても良いシャグだと思った。

ただ、吸っているときにでる煙の臭いが独特のようで、この臭いが苦手って人はいるかもしれないね。

うん。
というか、このレビューは途中まで書いて下書き保存していたのだけど、公開するまでにリピートしてしまった。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする