読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

手巻きタバコとか趣味の物とかを書いています。

手巻きタバコの忘備録 ゴールデンブレンド・アロマティック

シャグのレビュー 手巻きタバコ 手巻きタバコの忘備録

さて。
今回はゴールデンブレンド・アロマティックをレビューしたい。
2015年に発売されたばかりのシャグで、ドイツが原産国になる。
いったいキミは何味なんだいと言いたくなるようなネーミングだ。

実はバニラ系のフレーバーがついたシャグになるんだけど、あまりバニラバニラしていないのも特徴だろう。
ボクのようにあまりフレーバー系を嗜まない人には吸いやすいシャグかもしれない。

このゴールデンブレンド・アロマティックなんだけど、付属している巻紙はプエブロのものがついている。
フリーバーニングで50枚入り、ヘンプ製のものだね。
特にこの巻紙は嫌いってほどじゃないので、常備しているものが切れそうなときとかには使っている。

 

f:id:zwrite:20160522050121j:plain

 

 
では、ゴールデンブレンド・アロマティックなんだけど、ほんのりと薫る程度のバニラなんである。
これが地味に吸いやすい。
あまり強いバニラの香りではないので、フレーバー系の入門としてはピッタリなんじゃないだろうか。
また、しっかりとタバコの風味を感じることもでき、スパイシーさやほろ苦さなどもあるので、上品なシャグだと言えるね。
時間のある時にゆっくりとタバコを吸いたい、そんなときにピッタリのシャグではないだろうか。

個人的には地味なシャグだと思う。
パッケージもあずき色というか、地味な色だしね。
商品名からして、あまりバニラの香りをイメージできない。
このゴールデンブレンド・アロマティックはバニラを売りにしているのではないんだろう。
が、吸って初めてわかる上品さがある。

なんだか無骨なタバコ、それがゴールデンブレンド・アロマティックだと思う。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする