読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

手巻きタバコとか趣味の物とかを書いています。

手巻きタバコの忘備録 スタンレー・チョコレート

今回は久々にシャグのレビューをしたい。
スタンレーのチョコレートである。
ボクはフレーバー系のシャグはあまり嗜まないのだけど、今回からはちょくちょく入れていこうと思う。

さて、スタンレーと言えば、ベルギー産のシャグだ。
チョコレートの本場とも言える場所なので愛称が良いかと思ったのだけど、なんか微妙である。

付属の巻紙はsmokingの60枚入りのやつ。
紙は厚くて、フリーバーニングのものだ。
同じsmokingでもブラウンとかは好きなんだけどね。

比較的に安価なシャグなので、コストパフォマンスは良い。
が、今回のチョコレートは微妙であった。

 

f:id:zwrite:20160624003042j:plain

 

 

チョコレートのフレーバーと言えば、チョイスも有名だね。
だけど、ボクはスタンレーを選んでしまった。

確かにパウチの上から匂いを嗅いでもチョコレートだ。
どちらかと言うと、香ばしいアーモンドのような香りもすると思う。
香りとしては嫌いじゃない。

さて、家に帰ってパウチをあけてみると、やはりチョコレートだ。
しかし、どちらかと言えば甘みの強い香りで、ミルクチョコレートって印象だね。
シャグは適度に湿っているので、すぐに加湿する必要はないだろう。
なかなか巻きやすい感じである。

で、すぐに1本巻いてみたのだけど、甘い。
口の中に甘みが強く残る感じで、喫味としては軽い。
なんか人工的なフレーバーって感じが強くて、ボクの好みではなかった。
んん、なんだろうか。
この微妙なモヤモヤ感は。
まるでレンタルDVD店の時代劇コーナーに、志村けんのバカ殿が置かれているような違和感である。

そうなんだけど、そうじゃないんだ的なね。

とりあえず。
うちにあったハーフスワレ系のシャグであるドラムとブレンドしてみる。
うん、こっちはいける。

ついでに余っていたメンソールのフィルターで巻いてみると、チョコミント的な味わいになったよ。

チョコレート系統はそのまま吸うだけではなく、ブレンドするのにも良さそうだと思っだ次第だ。

 

広告を非表示にする