読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

手巻きタバコとか趣味の物とかを書いています。

手巻きタバコの忘備録 コルツ・ナチュラル

さて。
今回はシャグのレビューといこう。
お題となるのは、コルツ・ナチュラルだね。
正式には100%ナチュラルになる。

実はこのシャグは前々から気になっていたんだけど、ボクが買いに行くタイミングで2回くらい連続でうりきれていたんだ。
なので、ようやくお目当てのシャグが買えたって話になる。
が、例によって写真はない、すまぬ。

ボクはけっこうコルツのシリーズが好きで色々と吸っているのだけど、コルツのノンフレイバー系は初めてだったので、なにげに嬉しい。

では、シャグの話に移ろうか。
コルツシリーズということなので、ベルギー産のシャグになる。
バージニア、バーレー、オリエントをまぜたシャグなんだけど、パウチを開けると良い匂いがするんだ。
たぶんだけど、バージニアが主体なのではないだろうか。

 

 

f:id:zwrite:20160430042130p:plain

 

 

コスト面を見ると、40gで880円と相変わらず優秀である。
なんだかんだとシャグを買うけれど、コルツシリーズは何かしら1つは買っている気がする今日このごろだ。

付属の巻紙は同社で販売しているフリーバーニングのものだね。
あまりお得感はない。

シャグはパウチを開けた状態でもけっこう乾燥している。
触ってみるとわかるが、かなりサラサラした感じで手触りが良い。
セコい話になるけれど、この乾燥した状態で40gというのは、ちょっとお得な気分になるよね。

実際のお味の方なんだけど、まぁ吸いやすいシャグである。
特に喫味が強いというワケでもなく、香りが残るワケでもない。
ただただすぅっと煙が入ってくる感じだ。
クセがなくて、すっきりとした味わいといえるだろう。
けれど、上質なタバコを吸っているなと思わせる確かな味があると思う。

本当にクセがないので、どんな人にもオススメできるシャグだね。

ただし、パウチを開けたばかりの状態だと多少の辛味を感じるはずだ。
これは無添加系のシャグの宿命と言ってもいいかもしれない。
加湿をすると、上品な甘さが加わり、辛味もマイルドになるので、コルツ・ナチュラルを吸うのなら加湿した方が良いだろう。

しかし、無添加系のシャグは加湿をし過ぎるとカビが生えやすくなるので、管理には注意しておく必要がある。
特に今の時期はただでさえ湿度が高いので、あまり細かい管理ができない人は、加湿をしない方が良いかもしれない。

なんだか優等生ってタイプのシャグだね。
なんとなくだけど、マイルドセブンを思い出してしまったのは秘密だ。

 

広告を非表示にする