読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

手巻きタバコとか趣味の物とかを書いています。

手巻きタバコのあれこれ コストを紙巻きと比較してみよう

手巻きタバコ 手巻きタバコのあれこれ 手巻きタバコのコスト

手巻きタバコのコストを紙巻きと比較してみよう(適当)

と、いうことで今回はコストについて考えようか。
最近では紙巻きタバコ――まぁ一般的にコンビニとか自動販売機で買えるタバコだと思って欲しい――の税金がどんどこあがっていく中で、コストがアホみたいに高くなっているよね。

確かボクがタバコを吸い始めた時は、セブンスターや今はなきマイルドセブンが200円前半だったと思う。
それを思えば、もう倍近くにまでなっているんだよね。

そこでコスト削減で手巻きタバコにしたい人も多いと聞く。
だもんで、適当だけどコスト比較をしてみよう。

f:id:zwrite:20160608163129j:plain

 

 

 

目次

紙巻きタバコのコストはどんくらい?

紙巻きタバコのコストはどのくらいかかるだろう。
といってもこれは簡単だね。
自分の吸っている銘柄の価格と1日にどのくらい吸うかで計算できるよね。

ボクの場合、手巻きタバコを始める前はセブンスターを吸っていたんだけど、だいたい3日で2箱くらいのペースだった。
つまり1ヶ月30日換算をすると、20箱程度になる。

確か1箱の値段が460円だったから、9200円だね。
まぁほぼ1万円くらいかな。

手巻きタバコのコストを考えよう

では、今度は手巻きタバコのコストを考えよう。
手巻きタバコの場合、コストは下げることもできるし、上げることもできる。
というのも、大きくはシャグ、巻紙、フィルターと3つの要素があるからだね。
では、それぞれにコストを見ていこう

シャグ

手巻きタバコにおいて最もコストがかかるのが、シャグだね。
タバコの葉っぱのことなんだけど、実はシャグと一口に言っても価格差が大きい。
なので、コストを削減したいのなら、ともかく安いシャグを購入すると良いだろう。
ドミンゴ、チェ、サーフサイド、コルツあたりはコスト的に優秀だと思う。

フィルターと巻紙

フィルターと巻紙もコストがかかるね。
ただし、フィルターなんていらねえ、巻紙もシャグについているヤツでいい、なんて場合はコスト0だ。

フィルターが必要なら安いので、200個入り380円ってのがある。
他にもフィルターの代わりに、100均で売っている付箋紙や単語カードなどを使う人もいるそうだ。


巻紙ならレギュラーサイズで、だいたい50枚入って100円くらい。
ここはあんまりコストの負担にはならないね。

結局、どのくらいのコストなの?

では、結局どのくらいのコストがかかるのか。
最もコストのかからない方法で考えてみよう。
フィルターはなし、巻紙はシャグに付属のものを使ったとして、シャグは1gあたり22円としたい。
計算が面倒だからね。

で、手巻きタバコの場合はだいたい1本あたりは0.5gほどのシャグを使うので、グラム単価の半分で11円。
これが一本あたりの価格になってくる。
20本1箱の紙巻き換算すると、220円だね。

旧三級品であるゴールデンバットと良い勝負をするのではないだろうか。

f:id:zwrite:20160608173105j:plain

僕の場合はこのくらい安くなる

では、ボクの場合はどうなるのか考えたい。
ボクは別にコストを重視しているワケではないので、フィルターも買えば、巻紙もレギュラーサイズのものをいくつか揃えている。
シャグにしても自分の吸いたいものをその時々で買っているので、ほとんどコストは意識していないと言えるね。

で、詳細を出すのが面倒なので大雑把に計算しよう。

ボクの場合、およそ3週間に1度程度の頻度でタバコを購入している。
この時にシャグとフィルター、巻紙などをあわせて購入するんだけど、合計額がだいたい3000円くらいだ。

シャグが2~4個、巻紙2~3つ、フィルター1~2袋くらいなんだけど、購入するシャグによっては5000円近くなるかな。
が、いつもの感じだと3000円くらいだろうと思う。
というか計算するのがイヤなので、3000円として欲しいのだ、切実に。

つまり、1週で1000円程度だと言えるので、1ヶ月換算して4000円くらい。シャグの分を大きく見積もっても5000円程度だろう。

で、最初のセブンスターの価格と比較すると、およそ半額程度の節約にはなっている形だ。

まぁ大雑把な計算なんで、本当はもうちょいかかっているかもしれない。
最近は単価が高めのシャグなんかも割りと買っているんだけど、その点を考慮しても月に10000円はいっていないだろう。

購入価格は価格は高くても、その分、シャグが多く入っているシャグなどもあるので、意外と長持ちしたりするんだよね。
その点も手巻きタバコの魅力かもしれない。

最後に

増税が嫌で手巻きタバコに流れてきた人たちにとって、コストはとても重要な部分だと思う。
しかし、手巻きタバコは自分で巻いたりと手間がかかるので、そうした手間が面倒だと思う人には向かないだろう。

そうしたことよりも、せっかく手巻きタバコにしたのなら、タバコを愉しんでもらいたいと個人的には思う。
どこかのサイトで見かけたのだが、最もグラム単価の高いシャグを使っても、1箱あたりにすれば紙巻きよりも安い計算になるとのことだった。
つまり、手巻きタバコの場合、好きなシャグやフィルター、巻紙などを愉しんでも紙巻きより安くすむので、色々とこだわってみて欲しい。
消耗品から嗜好品へと変わるから。

ボクの場合も色々買っているが、タバコに関してお金がかからなくなったなと実感している。
その反面で、紙巻きタバコの時よりも充実していると思っているので、かなり満足度が高いんだ。
なのでコストを無視とまではいかなくても、色々と手巻きタバコを愉しんでもらいたい今日このごろである。

 

 

 

広告を非表示にする