読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

手巻きタバコとか趣味の物とかを書いています。

結婚といふものに対して

最近思うことがある。
それは20代の女の子って結婚願望が強い子が多いよねってことだ。
特に20代前半から中頃の子って結婚したいっていう子が多くいる。
反対に30代とかになると、晩婚思考が強くなる傾向があると思うんだよね。
世代間の差と言えば、そうなのかもしれないが、けっこうそんな風に感じてしまう。

なんだかとても前向きだなぁと思うんだよね。
結婚というものに対して、肯定的にとらえることができるのは、シンプルにスゴイと感心する。
まぁきっと結婚にメリットとかデメリットとかそういうものを持ち込んでいないのだろう。
これは男女どちらにも言えるのだけど、結婚に対してメリットやデメリットを考えだすと、どうしてもデメリットの方が大きくなる。
だもんで、どうしても肯定的にはなれないんだよね。

 

f:id:zwrite:20160515050334j:plain

 

さて。
なんでこんなことを思ったのかと言うと、何度か仕事上でつながりのある子から相談されたからだ。
なんか仕事とは関係ないところで相談されることが多いんだけど、ボクはいつから駆け込み寺みたいな存在になったのだろうか。
不思議である。

この娘はなぜかボクを師匠と呼ぶ。
弟子にとった覚えもないのにだ。
……解せぬ。

まぁ師匠師匠と慕ってくれるのはいいんだが、あまりにもあけっぴろげに彼氏との話をきかされても、しらんがな、と思ってしまう。

ご存知、みたいな感じでよく喋るんだよね。

結婚をしていないボクに何ができるのかはわからんけれど、とりあえず話くらいは聞いてあげる。
それで気が楽になることもあるからね。

その子の友達はもう既に過半数が結婚をしているとのことで、本人も無意識のウチにアセっているのかもしれない。
まぁうまく結婚できればいいなと思った次第だ。

しかし、スピーチ頼みます、の一言だけは許容できないね。うん。

一方、ボクと学生時代の友人だが、よく集る5人がいてそのうちで結婚しているのは2人だけである。
過半数が結婚をしていない。
皆、趣味だなんだかんだで忙しいようだ。

まぁ人それぞれである。

少子高齢化なんて政府の対策がどうのこうのという話もあるよね。
確かに後手後手に回っている部分もあるんだけど、1つに時代の流れみたいなものもあるはずだ。
ボクは自分たちの世代って、色んな意味で過渡期にあったと思っている。

それが現在では落ちついてきているというか。
おさまるべきところにおさまってきたのではないかと思うことが多い。
そこに良いとか悪いとかはなくて、そういうものなんじゃないだろうか。

不惑前にもなると、考え方も落ちついてくるのかもしれない。

f:id:zwrite:20160515050336j:plain

 

 

広告を非表示にする